ダイエットを指導してても、痩せにくい人がいる!!

ダイエットを指導してても、痩せにくい人がいる!!


長い間、肥満の患者さんの減量を指導している


医師によれば、同じダイエットを指導してても、


痩せにくい人がいるのです。


不思議に考えた医師は、遺伝子に注目したので


す。 その遺伝子は「β3アドレナリン受容体」。


もともとこの遺伝子というのは、脂肪を燃焼し
<<INS1>>

て肥満を防いできたものだったのですが、太古


の飢餓時代を生き抜いてくるときに、異変を起


こして、脂肪や糖分を体に溜め込み燃焼しにく


くする作用を持つ遺伝子へと変貌したのです。


患者さんの3人に1人というのは、この遺伝子異


変を持っていることが研究によって判明された


のです。 つまり、日本人の3人に1人というの


は「痩せにくい体質」と言えるのです。


同じダイエット法を実行しても痩せる人と痩せ


ない人がいるという原因はこんなところにあっ


たんですね。 この肥満遺伝子を持つ人という


のは、内臓脂肪を溜め込んでいる傾向が強いん


だそうです。 脂肪が内蔵の周囲に大量につく
<<INS1>>

内臓脂肪型肥満は、糖尿病や高血圧などの合併


症を引き起こしますので、皮下脂肪型肥満より


危険な肥満とされているのです。


た、皮膚のすぐ下にも脂肪がついている皮下脂


肪型肥満の方も、代謝が落ちている場合が多い


ので、思うように痩せることができないのです。


空腹感を我慢し続けなければならない無理なダ


イエットをしていると、筋肉も同時に減ってい


きます。 筋肉が減るば基礎代謝量も減ってき


て、下の食生活に戻したとたんに、リバウンド


が起こるのです。


肥満女性に1200キロカロリーの減量食を指導し


ているそうなのですが、肥満遺伝子を持つ人と
<<INS1>>

いうのは、基礎代謝量が通常から比べる200キロ


カロリー低くて済むのだそうです。


どういうことかと言えば肥満遺伝子を持つ女性


というのは、1000キロカロリーに減らさなけれ


ば痩せることはできないということです。


キャベツに含まれているビタミンCというのは、


たるみやシワなどを防ぐのです。


また便秘も解消させますので、ダイエットに非


常に効果的なのです!


ダイエットをしながら肌にハリが出てきて、つ


やつやになれる・・・キャベツダイエットは美


しく痩せれるダイエット方法なんですね。